ヒデ爺とリョウの日記

コミュニケーションをとるのが苦手なリョウがヒデ爺と共にスポーツを通しいじめを克服し、元気に暮らして居る様子や親子の日々の生活や日常を記したブログです。

演説が聞けない方向けにどんな演説をしているか1点記します。
本当は聞いて頂きたいですがなかなか難しい人もいますからね。
私は台本を事前に書いてスピーチをすることはないので話している
事を書くと言う逆パターンですね☺️

「私は今回の選挙で埼玉県第15区から立候補をしております日本維新の会の高橋ひであきと申します。どうぞよろしくお願い致します。さて、いよいよ選挙が始まりました。投票日は22日です。それまでお騒がせをしますがご容赦のほどよろしくお願いします。さて、選挙にあたりやはり有権者の皆さまは各政党の違いがはっきりしないとやはりなかなか投票をするのに困ってしまうと思います。今日は我々日本維新の会と他党との違いを話させて頂きます。そうは言っても我々は保守政党ですから共産党さんなんかと比べてもしょうがないですよね。ですから同じ保守と言われる自民党さんと希望の党さんとの違いをお話致します。まずは自民党との違い。我々はこれまでメディアから自民党の補完勢力なんて言われた事もありましたがこれは全然違います。我々は保守改革政党です。日本の良い点は残し直さねばならないところは積極的に直して行く保守改革政党です。一方自民党さんは今の仕組みが彼らにとってはベストですからこの今の日本の仕組みと自分たちの身分を守って行くいわゆる保身の”保”の保守だと私は思います。じゃーお前たちが言う改革ってなんなんだ。我々が掲げている改革の1丁目1番地は統治機構改革です。なんなんだ統治機構改革って ようわからんという方もいると思います。簡単に言えば今のこの国の仕組み、形を根本から直して行こうと言うものです。じゃー今のこの国の形ってどうなの?皆さんご承知の通り上から下。国から地方。税金だってまずは国。残ったのが地方。まさに上位下達の形です。そして北は北海道から南は沖縄まで全てを東京の霞が関で統括しようとしている。こんなの土台無理な話ですよ。不可能。地方にはそれぞれ特徴があるんだから人口だって違う、財源だって違うそれを一緒くたにしようなんて無理な話です。私はこの地域の話をするときに家庭に置き換えて下さいとよく言うんです。日本の家庭は千差万別。Aさんのお宅。Bさんのお宅。Cさんのお宅。み〜んな違う。収入も違えば家族構成だって違う。これを全部一緒に扱おうなんて無理に決まってますよね。お父さんが給料を持ってくる。これは家庭で言う所の財源だ。これをいちいちいちいちお母さんにこの10万円はこうやって使えだ。この20万円はあーやって使えだ。挙句にこの5万円は俺に許可申請出せなんてうるさい事言ってたらお母さんだって頭にきちゃいますよね!そうではなく、お父さんお給料、財源を持ってきたらお母さんに渡してこれでいい家庭作ってくれでいいんです。そしてお母さんは必死にいい家庭を作る。いい家庭ができればお父さん安心して表で働けます。要は国は国防とか外交とかをしっかりやっていればいいんです。その他の細かいことはお母さんに任せればいいんです。国がお父さんなら地域はお母さん。そうやって住み分けをし役割分担をすれば無駄だってなくなるし財政だって上向きますよ。こうして地域をしっかりと作って地方から国を変えて行こうと言うのが我々の大きなスタンスであり理念でもあります。ところが今の国の形がベストな所があるんです。それは自民党を筆頭とする既存政党。彼らにとっては今のままがベストなんです。だってそうでしょう。一旦全部国に入っちゃうんですから。既得権、利権は凄まじいですよ。美味しくしょうがないですよ。一旦こう言ったものを手にしたら手放すわけはございません。美味しくてよだれが出ちゃう。だから彼らは絶対に変えないし変えようとも思わない。でもねー皆さん。この国の形はもうすでに限界がきてる。色んな弊害が生まれてる。その一つが格差。まー目先の所得格差も大事かもしれない。でもこの国で一番大きな問題は世代間の格差なんです。おぎゃっと生まれた赤ん坊が1,000万の借金背負って生まれてくるんですよ。とんでもない話だ。私を含め私より上の世代の方々はこの世代間格差の中では恵まれてる方なんです。今の子供達やこれから生まれてくる子供達はとんでもないことです。それに皆さんあんまり実感ないでしょう。この問題に対して。そりゃーそうですよ。だって皆さんにわからないようにうまーく政策を出してごまかしてるんだから。目先の票の為の政策をやってるんだから気づくわけがないんです。そうやって彼らは自分らにとってベストなこの国の形をずーと続けようとしてるんです。でもこれは早く直さなければダメなんです。人口も逆ピラミッド。お金の流れも逆三角形。もう頭でっかちでどうしようもない。これを逆にして足腰をしっかりしないといけないんです。この足腰が地方、地域なんです。そして地域から国を変える。これが我々がやろうとしている統治機構改革なんです。今のこの国の形がベストな自民党とは全く違うと言うことをご理解して下さい。
そして最近やたらと教育の無償化。あっちこっちで騒がれてますね。でもねー皆さん。これいの一番に掲げたのは我が日本維新の会なんです。幼児教育から高等教育大学まで無償化にしようと真っ先に掲げたのは我々日本維新の会なんです。そしてこれを憲法に明記しようと活動もしております。なんで憲法に明記するのか。それは子供にはどんな才能があるかわかりません。未知の可能性を秘めています。そんな全ての子供達に機会均等に教育が受けられる環境を作る。国づくりは人づくりからです。これは目先ではなく50年、100年を見据えた未来への投資なんです。だから憲法に明記するんです。これねー法律でやったっていいだろうって人一杯います。でも法律じゃダメなんです。法律だと政権が変わったり政府が変わったりすると変えられちゃう可能性だってあるんです。でもねーこれ憲法だとちょっとやそっとじゃ変えられませんよ。だってこの国戦後一回も憲法改正したことないんだから。まー今後はどうなるかわかりませんが何れにしてもちょっとやそっとじゃ変えられない。だから我々はこれを憲法に明記しようと活動してるんです。教育の無償化。これは未来への投資です。でもやっぱりお金はかかる。この教育の無償化にはおよそ5兆円の財源が必要です。おいおいまた増税かなんて思わないで下さいよ。増税なんかしなくても財源は生まれます。我々が日頃よりお訴えをしている身を切る改革。議員定数の削減。議員報酬の削減。公務員の見直しをきちんとやれば5兆円の財源は生まれます。これは試算をして明らかなことです。ところが安倍総理。今回消費税の増税分を教育の無償化に回そうと言い始めました。これって変ですよね。そもそも消費税増税は社会保証を充実させる。もっと手厚くする。だからみなさんご理解して下さいってことでしたよね。それをころっと変えようなんてこんなことは断固反対して頂きたい。だいたいこの2%の増税分でどれほどの税収増になると思いますか。これねー概ね5兆円です。5兆円って聞くとおいおいって思いますよね。さっき私が言った身を切る改革をやれば5兆円は生まれるんです。だったら増税なんて必要ないですよね。だから我々は今回消費税増税凍結を声高に公約として掲げさせて頂きました。だって必要ないですもんね。他にも理由はありますがこれも大きな理由の一つです。じゃー皆さんどっちがいいかって話ですよ。増税がいいのか身を切る改革がいいのか。そりゃー聞くまでもないですよね。まずは議員どもよお前らの身分をきちんと整理しろよって話ですよね。当たり前ですよ。
ここまで自民党との違い明確に話を致しました。ご理解賜ったと思います。
次に希望の党との違い話します。
希望の党。これはもうできたばっかりの党。まだ何にもやってない。実績も何もない。どうなるかもわからない。それに対して我々は必死に努力して実績積み上げてきました。この実績があるかないかの違い。これは大きな違いです。そしてもう一つの大きな違い。それはそもそも希望の党って都民ファーストからですよね。じゃー都民ファーストってどんな党ですか。東京が一番。東京が一番の党ですよね。だったら東京から国変えようって話じゃないですか。私は先ほどから言ってます。我々は地域、地方から国を変えようって言うのが大きな理念です。だから全くの真逆、真逆の政党が希望の党です。これも大きな違いです。自民党との違い。そして希望の党との違い。明確に話をしました。ご理解頂けたと思います。でしたら一人でも多くの方に日本維新の会は自民党や希望の党とは全然違うみたいだぞって言って下さい。我々なかなかメディアに取り上げられません。だからみなさんだけが頼りなんです。どうか一人でも多くの方にこの違い伝えて下さい。これは心からお願い申し上げます。
最後に何故我々が唯一の改革政党なのかの話をします。実は我々は企業等からの献金は一切受け取っておりません。禁止をさせて頂いております。それはなぜか。だってそんなのもらっちゃったら改革の足かせになっちゃいますから。我々は改革の足かせになるようなものは一切禁止をしております。だって皆さん。施しを受けたらお礼しろって。これは親の教え。日本人の文化みたいなもの。だから皆さん。あの森かけ問題納得しないんじゃないんですか。いくら説明聞いたって法的に問題なくたって納得できない。パーティー券なんかでも施しを受けたようです。他にもあるかもしれない。施しを受けたらどうするんですか。お礼をするんですよね。じゃーどんなお礼をしたんだって話ですよ。まーよくわかりませんが。だから皆さん納得できないんですよね。じゃーどうするか。もう禁止するしかございません。そう言ったものは禁止。じゃないとこう言った事はなくならない。でもねーこれも禁止できないの。だって既存政党皆んな反対するから。だって献金なくなったら自分の懐寂しくなっちゃうもん。こう言った懐の話や身分の話になると全部反対。だから禁止できない。唯一こう言った事を声高に言え改革できるのはしがらみのない我が日本維新の会だけ。しがらみ一掃で華々しくデビューした政党ありますよね。でもこの間びっくりしました。小池さんと前原さん二人して雁首揃えて連合に選挙のお願いのご挨拶行っちゃった。もうびっくりですよ。驚いた。わざわざしがらみもらいに行っちゃった。民進党と合流してしがらみまで大合流ですよ。ほんとびっくり。でもねーこれではっきりした。やっぱり唯一しがらみがない。改革できるのは我が日本維新の会だけだって事がこれで明確になった。だから今回の選挙。皆さん。唯一しがらみのない改革ができる政党我が日本維新の会を皆さんのお力により大躍進をさせて下さい。そしてここ埼玉15区からは私 高橋ひであきが立候補しております。小選挙区は高橋ひであき 高橋ひであき 比例は日本維新の会と皆様の貴重な1票を投じて下さい。心から心からお願い申し上げまして。私からのお訴えに代えさせて頂きます。ご静聴ありがとうございました。」

まーこんな感じの話をしております。本当はもっと内容多いんですが若干割愛させて頂きました。
今後は演説スケジュールを可能な限りアナウンスしますのでぜひ起こし下さい。又、他候補との兼ね合いで急遽スケジュール変更しなければならない場合もありますのでその際はご容赦下さい。いやーやっぱり書くより話す方が全然楽だわ。台本書いて話をするのは私には無理ですね☺️

昨日は一日中武蔵浦和駅で街頭を行いました。

朝から晩まで演説のし通しでした。

14:00からはわざわざ大阪から今井副代表に来て頂き

石井あきら参議院議員と共に応援を頂きました。

そして18:00からは松井代表に起こし頂き共に街頭演説を

行いました。

明日はいよいよ公示です。12日間気合い入れて頑張ります。

応援よろしくお願いします。

そうそう昨日はサプライズもありました。

FBで知り合った大学の同窓生が駆けつけてくれました。

びっくりです。ありがとうございました。感謝!


人気ブログランキング松井代表
今井副代表

↑このページのトップヘ